買取査定の質問

ルイヴィトンのバッグの持ち手が溶けることがあります。解決策はあるの?

ルイヴィトンのバッグをしばらく使っていると持ち手(ハンドル)の側面が溶けてしまうことがあります。
素材自体が劣化しているのでベタベタして手についたりします。
早い場合だと購入から数年で溶け始めてくる場合がことがありますので大変です。
バッグの種類としてはネヴァーフルなどに多く見られる現象です。
また、財布などもフチ部分(バニッシュ)が溶けてしまうこともあります。

なぜ、高級ブランドのルイヴィトンバッグで素材劣化が起きるのでしょうか?

理由はいろいろ考えられますが一番は、日本の気候が高温多湿ということが一因しています。
初夏からのジメジメした気温の中でクローゼットや押し入れにバッグを保管していると少しずつ素材が劣化します。
一度、劣化すると元に戻すことができませんので修理などで対応するしかありません。

スポンサーリンク

ルイヴィトン直営の修理依頼は高額です

ご存知の方もいると思いますがルイヴィトンでは、バッグなどの修理依頼(リペアサービス)を受け付けています。
最寄りのルイヴィトン直営店に持って行くと対応してくれます。
直営店以外では、受け付けていませんので注意しましょう。

気になる修理代金ですが、高級ブランドだけに高額になります。
熟練の職人が同じパーツや素材を使って縫直しなど手間をかけて対応します。
そのため相応の金額になるのは仕方がないと思います。

その分、出来上がりは満足いくものとなります。
修理依頼の方法は、ルイヴィトンジャパン直営店に行って店員さんに相談する方法となります。
その場でおおよそのお見積りを出してもらえますのでOKであればそのまま手続きができます。
修理完了までは、2ヶ月から3ヶ月はかかります。

少しでも修理代を安く済ませるならカバン修理専門店もあります。
しっかり対応してくれますのでバッグが蘇ります!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

買取店長

はじめましてこんにちは。 私は以前にリサイクルショップの店長をしておりました。 そのため買取に関する知識や経験がたくさんありますのでこのサイトを通じて皆さんにご紹介していきたいと思っております。 皆様がより快適に不要品を買取依頼できるような情報発信をしていきますので宜しくお願い致します。

-買取査定の質問
-,