ルイヴィトンの財布の糸がほつれていますが買取できますか?

初めて持つルイヴィトンが財布という方も多いと思いますが長く使っていると端の糸がほつれてくることがあります。
特に二つ折り財布の場合は、曲がった所が開くたびに負担がかかるので糸がとれやすいです。
ルイヴィトンは、一流ブランドなので縫製もしっかりしていますが日々、使っているものなので仕方がないことです。

そんなルイヴィトンの財布を修理して使いたい方、売って処分をしたい方がいますので情報をまとめてみました。

ルイヴィトンの財布の修理代は高いです

ルイヴィトンは、バッグや財布など全ての商品を修理してくれるリペアサービスというものがあります。
全国にあるルイヴィトン直営店で受付をしてくれます。

海外旅行や他のお店で購入したルイヴィトンでも対応してくれます。

このリペアサービスで「ほつれのある財布」も修理してもらえますが費用は、結構かかります。
1,000円、2,000円という話ではなく実際に見てもらってから見積が出ます。

私も過去にかばんの修理を聞いたことがありますが数万円の内容でした。
貼り直しなど状態によっては、工数がかかるのでその分、修理費用がかかるかと思います。

大切な思い出がある財布で長く使っていきたい場合であれば修理依頼してみてはいかがでしょうか。

街の修理屋さんに依頼した場合のデメリット

ご近所にかばんなどの修理をしてくれるお店がある場合があります。
革製品から布製まで幅広く修理してくれるようなお店です。

このような修理屋さんだとほつれた糸程度だとすぐに直してくれます。
また、費用もそれほどかかりません。

しかし、ルイヴィトンの商品を修理する場合は注意点が必要です。

それはルイヴィトンとしてのブランド価値が下がるということです。
ルイヴィトン以外の手が加わったものは、ルイヴィトン正規品して認められなくなります。
今後、ルイヴィトンのリペアサービスも受けられません。
リサイクルショップでの買取でも対象外となります。

街の修理屋さんを利用した場合は、その点を理解する必要があります。

財布がほつれた状態でも買取できます

リサイクルショップに売る場合はどうでしょうか?
高級ブランドのルイヴィトンであれば多少、ほつれた状態でもきちんと値段がついて買取ってくれます。

ルイヴィトンは、中古ブランドの中で一番人気があります。
そのためほつれていても「欲しい」という需要がありますのでリサイクルショップ側も買取しています。
また最近では、訪日外国人にも中古ブランドが売れていますので多少の損傷は、問題ありません。

気になる方は、一度、査定をしてもらってはいかがでしょうか。

ルイヴィトンの財布を買取ってくれるリサイクルショップは、いろいろありますが私は、バイセルさんをおすすめします。
近所のリサイクルショップとの違いは、査定スタッフの知識と経験の違いです。

近所のリサイクルショップは、アルバイト店員がマニュアル通りに査定することがほとんどで状態しか見ていません。
そのため高価買取が期待できません。

しかし、バイセルの査定スタッフは、日々、多くの一流ブランドを見て相場を把握して値段を出していますので結果が違います。
その理由もしっかり説明してくれますので安心があります。

今まで利用した事がない方は、査定だけでも頼んでみましょう。
売るか売らないかの判断は自由です。
キャンセルをしても大丈夫です。

バイセルでは、出張買取と宅配買取に対応しています。

買取店に行くのは人の目が気になるという方も多いので出張買取してもらうと気持ちが楽です。
また、玄関先での査定も希望すれば対応してくれます。

出張買取で査定してもらい買取金額が提示されます。
その金額にOKをすればその場で現金で受け取ることができます。
もし、検討したいということでキャンセルしても大丈夫ですのでご安心下さい。
出張代金や手数料など全て無料です。

バイセルの出張買取依頼は、以下の公式ページから申し込めます。

バイセルは、送料無料で宅配買取も対応しています

自宅で売りたい物をダンボールに詰めて送るだけという手軽さで宅配買取が今、大人気です。
時間がない忙しい方が利用しています。
バイセルでは、この宅配買取も対応しており、発送にかかる宅配便の送料や手数料など全て無料です。
申込みをするとダンボール付きの買取セットが自宅に送られてくるので便利です。
売りたい物を送ったら数日後に査定結果が来ます。
金額に納得してOKをすると指定した銀行口座に入金してくれますのでとても楽です。

近所のリサイクルショップとの違いを体験してみたい方は、一度、試してみてはいかがでしょうか。