ルイヴィトンの革の黒ずみは消えるの?

ルイヴィトンの革の黒ずみは消えるの?

「ルイヴィトンの革に付いた黒ずみって取れるの?」という疑問にお答えします。
また、売るときの買取査定に影響するかについて解説をします。

ルイヴィトンのモノグラムラインなどでで使用されているヌメ革は、使っているうちにどんどん色が濃くなっていきます。
年数が経つと持ち手のハンドル部分の黒ずみが目立つようになります。
手の汗や日焼けなどが原因です。

この黒ずみを消して綺麗にしたいと思うところですが、軽く消す程度であれば、文房具の消しゴムで可能です。
しかし、購入時のように綺麗にする事は残念ながらできません。
革に染み込んでいますので白いヌメ革に戻すことはできないのです。

ルイヴィトンのヌメ革は変化を楽しんで使うもの

ルイ・ヴィトンの愛用者の中では、ヌメ革の色の変化は長く使っていく経過で楽しむものだとされています。
よく「アメ色に変わる」と表現されます。
アメ色に変わったルイ・ヴィトンのバッグは、歴史の風合いが出て親から子へ受け継いで使う方も多くいらっしゃいます。
それだけ丈夫にできていますし、損傷しても専門リペアサービスに出すこともできます。
伝統のあるブランドの考え方ですね。

黒ずみがあるルイヴィトンの査定の影響は?

使い込んでアメ色になったルイヴィトンのバッグを買取査定に出した場合の結果はどうでしょうか?
元店長の私もたくさんのバッグを見てきましたが黒ずみ状態は、やはり評価が低くなります。
かなり使い込んであれば買取価格が1万円を超えることは、ほぼないと思います。

メルカリでも人気がありません。

理由は、やはり中古品として並べた時にヌメ革の色が白い方が圧倒的に需要があり、売れるからです。
ダミエアズールという中古でも人気のシリーズがありますがヌメ革部分の黒ずみが濃いと評価が低くなります。

また、日本では黒ずみ状態になるまで使っていると「見栄えが悪い」という考えがあって使わない方が結構、多くいます。
日本人は、綺麗好きなので「古くさい」と見られるのかもしれません。

もし、ルイヴィトンを売って処分したい場合は、専門のリサイクルショップに相談することをオススメします。

ブランド品に詳しいバイセルの出張買取がおすすめ

私が今回、おすすめすのはテレビCMをしている【バイセル】です。
全国に営業所があり、申込みをすると都合の良い日に出張買取してくれます。
バイセルの査定スタッフは、商品知識があり中古市場にも詳しいので説明が的確です。
また、自社の販売網や買取資金力もありますので高価買取が期待できます。

【バイセル】の出張買取の良いところは、お店に行くよりも自宅でゆっくり査定してもらえるので安心感があります。
買取店に行くのは人の目が気になるという方も多いので出張してもらうと気持ちが楽です。
また、玄関先での査定も希望すれば対応してくれます。

出張買取で査定してもらい買取金額が提示されます。
その金額にOKをすればその場で現金で受け取ることができます。
もし、検討したいということでキャンセルしても大丈夫ですのでご安心下さい。
出張代金や手数料など全て無料です。
バイセルの出張買取依頼は、以下の公式ページから申し込めます。

初めて出張買取を依頼される方も多いです。
バイセルのスタッフは、親切丁寧に対応してくれますのでご安心下さい。
不明な点があればどんどん質問をしましょう!

バイセルは、送料無料で宅配買取も対応しています

自宅で売りたい物をダンボールに詰めて送るだけという手軽さで宅配買取が今、大人気です。
時間がない忙しい方が利用しています。
バイセルでは、この宅配買取も対応しており、発送にかかる宅配便の送料や手数料など全て無料です。
申込みをするとダンボール付きの買取セットが自宅に送られてくるので便利です。
売りたい物を送ったら数日後に査定結果が来ます。
金額に納得してOKをすると指定した銀行口座に入金してくれますのでとても楽です。
また、キャンセルをした場合でも返却対応をしてくれますので安心です。

リピーターも多くいる宅配買取もぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

教えて!買取店長トップページ>>